タブレットQuatab 01を移動中に置き忘れた。
昼、恐らく移動中の電車内で置き忘れて、気づいたのが夜会社を出た帰り。20時半ごろ。
ぎゃーっとなりつつも、とりあえず自宅へ向かいながらネットでいろいろ調べる。
Androidには遠隔ロック機能があることを思い出し、

「Android リモートロック」

で検索。見つけた。Googleのアカウントから端末にアクセスしてロックかける方法があった。しかも、これデフォルトでオンになってて遅出しでも設定できるのか。素晴らしい!すごいぞGoogle。ハイテクだ!
で、スマホからアクセスして登録しているGoogleIDで追跡すると端末を捕捉できた。とにかくロック。
で、Quatabだが、どうも浅草方面に居る模様。電源も落としていない状態。バッテリーもまだ70%近く残っている。そんなこともわかるんだな。ハイテクだ。

Image3333.jpg

ちなみにこんな風に見える。これはスマホの方の情報。

これを眺めてたら、もうこれは迎えに行くしかないという気持ちになって、急ぎ新宿から本所吾妻橋へ向かう。着いたのが22時半。
で、どうも民家だった。怪しい業者とかでなかったのはいいが、さてどうする。
この時間にピンポンしてみるか。しかし、GPSには誤差もあるし、しらばっくれられるとどうしようもない。しばらく悩んだ挙句、近くの交番に相談に行ってみる。

「パトロール中」

誰もいない。「受話器を取ると担当につながります」とあったので、取ってみたが繋がらない。しょうがないのでその電話の横にあった内線表の一番上にかけてみる。かけてから気づいたがそれ110番だったらしい。
「別の警察官が向かうので少し待ってください」で、20分近く待つ。で、来たところでGPSで近くの民家にあるらしいことも含めて説明したところ、

「まずはこれが必要なので」

といわれて遺失物登録に書類書かせられる。で、本部らしきところに電話をして、

「まだ、遺失物の届け出はされてないようです。」

お前人の話聞いてたのか。あそこにあるって言ってるだろ。頭おかしくないか。
ということを丁寧な言葉に言い換えて伝えるがスルーされる。で、

「あとは、届け出があるまでお待ちください」

????
つまり、他には何もしてくれないこと判明。何が「まずは」だ。それで終わりじゃねーか。
おかげて晴れて終電間際で時間切れ。ピンポンする時間なし。あまりに使えない。アドバイス受けようにも当の警察官は情弱だし、本部にその手のノウハウを確認するステップもない模様。ある程度予想はしていたがひどすぎる。せめて、「登録くらいしかできない」と始めに言ってくれれば、まずはピンポンに行ったのに。一旦あきらめて帰る。
ちなみに、自分がピンポンに行くから近くまでついてきてほしいというのもできないといわれた。ということでこの件で警察をあてにするのはやめた。

翌朝、早朝からピンポンに行く予定だったが、疲れ果ててどうにも無理で普通に出社。その間もちょくちょく遠隔監視しているとなんか移動してる。が、どうしようもないのでそのまま。バッテリーは50%くらい。19時過ぎに会社を出て移動先に向かってみる。が、着いたところで急に端末の捕捉が極端につながりにくくなる。で、なんとかつながったところをみると、ここから2km先。歩いてついてみたところは大きなマンションの角。うーん。しかもついてから捕捉できない。
仕方ないので昨日の場所にもどって思い切ってピンポンしてみたが、誰も出ない。仕方ない。最後の手段、

端末のリモート消去。

最初から選択肢にはあったが、消去はやはり躊躇する。消去すると追跡もできなくなるのだ。つまり、あのQuatabは完全にあきらめないといけない。それもさることながら、拾ったやつに好きなように使われるのがなんともむかつく。
と、思ってたのだが、検索したところ、

「いったん消去を実行した場合は、出荷状態には戻るが、起動するとGoogleアカウントへのアクセスを求められて、消去した時のアカウントにログインしないと先に進めない」

らしいことが判明。それが正しいのなら転売もできないし、最悪(最善?)転売持ち込んだところでお縄という可能性もあるということか。真偽は定かではないが、もういいそれ信じるよ。とにかく、

「パトラッシュ、ぼくもうつかれたよ」

ぽちっと消去実行。通信状態が相変わらず悪く、すぐアクセスはできなかったが、端末が次に公衆につながった時に消去は実行されるとのこと。ほどなくして完全にアクセスできなくなったので消去は無事実行された模様。SDカードの消去はうまくいかないことがあるらしいが、こっちにはプライバシー情報無いので問題なし。

ちなみに、MVNO(Mineo)は遠隔で低速モード(追加課金なし)に切り替えたのでまあ使われても被害はなし。本来は緊急ロックが正しいが、Mineoにも聞いたがその処理でも問題なしとのこと。

さようなら、Quatab01 。いいタブレットだった。ゼロワンじゃなくてゼロイチと読むところもイカしてた。文鎮にした僕を許してください。
そして、拾って盗んだ方、階段で足を踏み外して前歯を3本折りますように。
そして、警察の方、現場の警官は当然デジタルに明るくないのだから、この手のデジタルもののGPSが絡む遺失物の対応マニュアルちゃんと考えてください。メーカーがここまでやってくれてるんだから少しは応えてください。

最後に、androidユーザーの皆さん。悪いことはいいません。これを機会にぜひ一度、

「Android リモートロック」で検索してください。
(バージョンによって対応違うし、たぶん、最新のを見た方がいいので私の見たリンク先は示しません)

170723_070924.jpg
久しぶりに作る。去年の冷凍と合わせて1.3kg作成。極小タッパに7つと小タッパ1とこのケース。
砂糖はイチゴと同じ1/3。冷凍できるってすばらしい。

ネットで意外とタネ気にならないという意見が散見したので裏ごしやらないテストしてみた。一応、バーミックスもかける。

が、ダメだった。堅実に裏ごしする。

不思議だ。生で喰うときはほとんど気にならないのに。

・15分煮る
・裏ごしする。
・5分くらい煮る。

でいいようだ。
なお、バーミックスかけるとちょっと裏ごしが楽になるようだ。
イチゴジャムの消費がちょっと激しかったので、これでだいぶ安心だ。

170716_180324.jpg
土曜夕方にザリガニ捕りに行く。水が浅く非常に渋い。かろうじて5尾確保。
ひょっとしてこいつらも朝間詰めとかがいいのか。
日中だと人がいて目立つかと思ったがそうでもなかった。
学校の宿題で水質調査するとかで生き物捕まえに来てた小学生がいて、彼らに少し協力したが、なんでお前ら丸腰やねん。自分ですら今日は丸腰だったらきつかった。

才蔵に頼まれて4時起きでおにぎらず、ついでに自分らのも作って、4:45くらいに出発。餌(イソメ100g)とかも買って6:20くらいには着く。出発。
去年の自分が勧めてたポイントに行くと、いきなり20センチサイズのカワハギ釣れて、お、いけるか?と思ったがその後もベラ、エソと外道続き。さらに沖に出て、浜からむかって右の定置網を迂回して何箇所か試すがダメ。なぜかカワハギがまた釣れたが。
で、まわりを見渡すと、乗合船やクルーザーがかなり浜寄りで並んでいる。もしやと思って、かれらの線上までもどって釣り始めたらようやくキス、メゴチ釣れ始める。でも、マゴチの姿はなかった。
砂地なのでかなり流されるので1時間ごとに戻って釣る。
メゴチ約50尾キス約20尾、ホウボウとかも来た。
で、2時前に風が出てきたということで撤収。
オモリは20、25、30を用意したが、10もあった方がよかったかも。それほど流れなかった。

今回は、クーラーボックスはボートには持っていかなくて、帰りはザリガニ入れたぶくクーラーに移して帰ったが、カワハギとか死んだやつとかとっとと締めるのにクーラーボックスはやっぱあった方が良かったかも。あと、氷は2つだと足りない。

170717_130951.jpg
結構料理にハマり始めたころに知人にレシピをもらって作ったことがある。旨かったのだが、チキンカレーと比べて手間がかかってコストも高かった。ということでなんとなくずーっと作っていなかった。が、先日ひよのリクエストがあって作ってみたら、思ったほど面倒でないし、コストも大したことなかったのでレシピを若干補正して再登録。
20年前と比べて全体的に食材が手に入れやすくなっているのが大きかったようだ。ということで分量を補正して再投稿。

ペースト
・ピーマン2個
・ししとう20本(1パック)
・たまねぎ大一個(小2個)
・にんにく2かけ
・しょうが 親指第一関節大
・青唐辛子4本
・オリーブ油 ふんだんに


・なす2本
・パプリカ1個
・えび10尾(今回は省略)
・鶏モモ肉500g

スープ
・ココナッツミルク300cc
・ナンプラー(うちではアンチョビ汁)大匙2
・レモン汁 大匙1
・水350cc
・中華だし 小さじ1(省略可)
・生バジル(いっぱい)

ペースト材料をざく切りにしてスピードカッターにかける。まあ1分くらい。
フライパンにオリーブ油を多めに入れ、炒めるようにしてこれを20分ほど煮詰める。
水と中華だしを火にかけて溶かしてスープベースを作る。
別の鍋でえび、鶏肉を炒めるてスープベースに入れる。
ざく切りナス、パプリカも炒めてスープベースに投入。
さらにペーストも投入してナンプラー入れて30分くらい煮る。
ココナッツミルク、レモン汁を入れ一煮立ちさせる。
バジルをちぎって投入。

今回は、ごはん、そうめんにかけて食べた。
ちょっと辛くしすぎてココナツミルクを増やすことになったので唐辛子量を補正。
さらにしょっぱくなったので塩分も減らしたレシピにした。たぶんこれでOK。

特に、ココナツミルクは1缶400ccで100cc余らせてあとで

納豆を作る

170710_214525.jpg
非常に簡単に納豆が作れるという噂を耳にした。

なんでも、基本
「ふかした豆にミントの葉を数枚入れてちょっとあったかいところに2日くらい置いておく」
だけで、納豆ができるとか!

これはすごい。
納豆菌の種とか、保温機とかいろいろ面倒だと思っていたのだが、そんなもの要らないらしい。
うちの納豆需要として、鯖とひよは大粒の硬目の豆感のある納豆が好きで、昔は「くめ納豆」からそういうのが出てたんだが、どうも世間は柔らか超小粒がトレンドらしく、もう何年もお目にかかっていない。
そういうのが自分で「簡単に」作れるのならやるさ。やるにきまってる。チャレンジせねば。納豆だけにねばー。


で、やってみた。

第1回:
大粒豆100gを保温ポットで熱湯に漬けて一晩。煮沸した瓶に入れて、自家製ミントの葉を数枚。
お!できた。白くなってる。と思ったのだが、あまり粘らず。納豆がイマイチ増殖していないようだ。しかもミント入れっぱなししてたら二日目にはミント味が全体に回ってミント納豆になってしまった。さわやかさというより違和感。
結果:失敗

反省:
豆感とかいって硬めに炊いたので納豆菌の喰いが悪かったか。増殖始めたらミントはすぐ取り除くべき。あと、納豆菌はたいていの草にあるらしいので、ミント以外でも試すか。

第2回:
一晩炊いてから追加で30分鍋で煮込む。半分ミント、半分バジルで二ビン仕込む。で、なるべくあったかいところに置く。という条件で作成。
ちょっと糸引いたが、残念ながら市販品のが旨かった。
結果:イマイチ

このレベルだと自作の意味なし。
鯖家の自作系では、ちょっとの手間でめちゃ旨くなるか、めちゃコストダウンするなら即採用なのだが、どちらにも当てはまらない。
ちなみに、
めちゃ旨い例:パスタマシーンで手打ちそば 
めちゃコストダウン例:マスタード
両方:ベーコン、アンチョビ

・野生の納豆菌アマゾンアルファに期待するのはやめて、市販の納豆から菌を取り出して培養する。
・風呂に浮かべるとか、より菌が活発になる39度Cを狙う。

くらいなのだが、ちょっとテンション下がったので次はちょっとあとになるかも。