検査記録

一応記録。
■4/30
なんか、突然古傷が痛み出して熱が出るというのが、1週間ほど続いたので、びびってまえに手術した病院に電話してみる。ちょうど連休のど真ん中に診察の予約が取れたので行ってきた。
とはいえ、電話した翌日には熱も痛みもおさまって、病院に行く時は平常だったのだが、念のため通院はすることにした。
久しぶりの病院は府中病院から都立多摩総合医療センターに名前が変わっていた。建物も立派になって、事務処理があいてぃー化されてすごいことになっていた。
すげえ、東京都金持ちだ。フードコートの呼び出しカード見たいのが導入されて、いろいろ「ぴ」で済むようになっていた。端末はEインクでメッセージも出る。すごいすごい。
ただ、UIはちょっと改善の余地ありな感じ。年寄迷う、たぶん。
最終的な待ち時間はあまり変わらなかったが、なんとなく混雑は減ったような感じ。費用対効果は謎だがこういうIT化は歓迎。
で、診察。
最後の検査は2006年だったとのこと。12年ぶり。当時の担当医ももういなかった。
で、念のためということで、MRIを予約。
とりあえず、造影剤は入れない方針で。腎臓に影響があるらしく、片方しかない私はリスクをとった。もし何か問題があれば追ってやるということで。
きっとMRIも新型に違いない。指輪も抜けるようにしたので大丈夫。

■5/21
MRI訪問。豪雨。バスのセンター駅から神経病院までが遠い。結構濡れて着いてみたら、シャトルバスがあったことを知る。やられた。
で、30分前位についてMRI。首だけなのでズボンはそのまま。ベルト外すだけ。なんか前は、検査着かななんかに着替えた気がするのだが気のせいか。
20分ほどで終了。MRIマシンも超進化してるかと思ったが特に見た目ハイテクレベルは変わってなかった。
で、本院に戻って診察。
結果は異状なし。
腎臓の状態も見て、実はこれなら造影剤使っても問題なかったとのこと。だが、今回ので見る限り特に問題なしだと。
ごく小さい腫瘍的なものがあるが前回からあり、大きさは変わってないのでとりあえず放置で良いとのこと。
ただ、突然動き出すこともあるのでまた10年後に検査ということになった。忘れないようにここに記録。
画面の写真撮らせてもらおうと思ったら、むこうから「おみやげ」と言って出力くれた。うれしい。
なお、会計まで12時で終わった。早い。カードも使えた。ありがたい。

scanphoto10003.jpg

なお、当時手術前の記録はこちら。

ということで次は2028年に検査する。

山椒の実の醤油漬け

一杯で200円。新芽の佃煮がえらく旨かったのでこれも買ってみた。
元枝を千切って、沸騰湯で6分茹でて、水に30分さらして、加熱・アルコール消毒した容器に入れて醤油に漬ける。これで10日くらい置く。
新芽よりちょっとメンドクサイ。本当は、茹でた状態で冷凍保存すると1年色々使えるらしい。一応もうしばらく出回るようなので、うまかったら買い足す。
190518_213330.jpg

190518_154613.jpg

去年、作り足りなかったので今年は待ち構えて製造。ここのところ、毎週、土曜は八百屋をウォッチしてチェック。先々週から西友には登場していたので今日あたりとは期待していたが、期待通り南の八百屋で発見。
2kgで税込み1,252円。ほぼ去年の値段だったので買い。去年もここ。

根を切って、株を分ける。
水で洗う。
薄皮をむく。
茎を切断する。
らっきょをビンに入れる。
4Lビンに水を入れてみて水の分量測る。1200cc
砂糖100g、塩大匙6、酢1200cc、鷹の爪12本を鍋に入れて加熱
沸騰前に止めてビンに流し込む。

残った茎は、別のビンに入れて、唐辛子2本足して、醤油入れて醤油漬けにした。

薄皮剥きが意外に難儀でひよに手伝ってもらっても1時間以上かかった。合計で2時間くらいかかった。来年は最初から手伝ってもらおう。
ビンは、2Lで行けるかと思ったがぎりぎり入らず。4Lで。

190518_120850.jpg
今回は、掃除前で2.2kgあった。

190518_194502.jpg
これは醤油漬け。今回はこれも1Lになった。

2019/05/12 金田 小潮

次男が土曜の夜にあしたぼうだいがくのオープンキャンパスに行きたいとか言い出した。
クルマ出せないかと言ってきたので、アホかいなと却下したが、ちょっと考え直して、連れて行ったついでに金田でちょい釣り。
いつもは日曜は釣りにはいかないのだがまあついでということで。長男は不参加。
6時半くらいに家を出て、8時くらいに、次男と友達をぼうだいがくに落として釣り王で餌買ってむかう。
はじめは、ウミタナゴでもと間口のウミタナゴ磯(と勝手に呼んでいる)に行くが、逆風でウキが飛ばない&フグの総攻撃で1.5時間ほどで退散。
金田に移動して左側を攻めるが意外と混雑。結局根本あたりでテキサスリグに餌付けて探ってたらアイナメ18センチくらいキープ。あとは、極小カサゴ数匹。ひよはやや小カサゴだけキープで、極小ギンポ3尾はリリース。
あと10センチの黒ナマコを掬って終了。濁りもあってエイには会えなかった。
13時半には諦めて撤退。帰り、なんか、ウインドサーフィンの大会とかで野比海岸のあたりがやや渋滞したが16時には帰宅。
まあ、渋かったが余計な期待もなかったのでまあよしとした。

Screenshot_20190514-123333.png

2019/05/03 野島 大潮

GW後半。そこそこ確度の高い野島半夜に行くことに。予報では半夜決行率80%。
この時期、大潮は潮干狩りフィーバーで駐車場確保が難しいということなので、10時半に家を出て、コンビニ寄って12:50着。駐車場は近場が一応空いていた。半夜は15:30からなので2時間半暇つぶし。目の前で塩イソメで流してたらなんかでかいのがかかる。糸切られたがシーバスっぽい感じ。幸先がいいのか悪いのかよくわからないスタート。

服装は、オヤジプロテクタ―無しのややあったか目上下に合羽と長靴。行く前はこれでは暑いかと思ったが、風のない今回でも半夜では丁度良かった。

風もゆるくて、潮も高すぎず釣りやすいコンディションだったが、陸側は藻、沖側は草が浮いててジグでの釣りはえらくやりにくかった。
→どうもホンダワラは頼むと5月中に刈ってくれるらしい。
日没までカサゴを狙ったのだが、持って行った前打ち竿が微妙に短くいつもの穴が探せず。ひよと才はぼつぼつ確保していたが、自分はカサゴボウズ。
半夜スタート後に賭ける。が、ここからが確かに自分はスタートになった。
虫の知らせでなんとなく玉網をセットした10分後に、ヘチで赤ナマコ確保。
沖側上層でまあまあのサイズのメバルもかかりだす。しかし、浮草釣りにくい。どっかで草刈りでもしたのか。
で、ジグもかかりにくくなってきたので、ジグにイソメ刺して陸側で流したらなんかでかいのがかかる。
出発前にかかったやつと似たような手ごたえ。ドラグ緩めつつ才に玉網持ってきてもらって確保したら、シーバスだった。50センチ以上ありそう。フッコか。
でもって、帰ってちゃんと測ったら64センチ。まさかのスズキくんだった。メバル仕掛けだったのでよく糸切れなかった。
スカリで活かせそうにないのでとりあえずエラ切って血抜きして持ち帰る。これはストリンガー買っとくべきか。
で、8時20分には撤退して、帰る。11時くらいには家に着いた。

ということで、釣果。
190503_205410.jpg

190504_101053.jpg

Screenshot_20190503-093205.png

190503_230655.jpg

実は、ナマコは、FB某グループでアヒージョが旨いと聞きつけた途端に確保。ということでアヒージョにしてみた。
面白い食感。これからいろいろ加熱料理試してみたいと思った。
ちなみに、野島近辺は結構ナマコ居るらしいので、今後はまじめに探そうと思う。
カサゴは一番大きいのだけ刺身。他はフライに仕込んで冷凍。
メバルは全部刺身。
スズキは、頭とカマと腹肉あたりを塩焼。半身をムニエル。半身の半分を混布締め、半分を刺身。今回は1日寝かせて、翌々日に食べたが、そのせいもあってかどれも旨かった。うーん、野島でシーバスはまじめに狙うべきか。