2018/06/23 野島

180624_101903.jpg
蟹に行きたいのだが、雨。雨風は水面が見えないのでNG。しかし、前回某所でボウズフラッシュを浴びてしまった私はいち早く解毒しないと命にかかわる。
天気予報を見ると、雨だが、風はなし。雨は釣れれば耐えられるということで、野島の半夜。
例によって、早く出すぎて12時に出て、14時前に着。ただし、おかげで駐車スペース確保。
ハナレから歩いて最初のでこぼこ手前くらいで。このあたりの実績は悪くないと思う。
で、やっぱりずっと雨。最後多少小降りになったが、ほぼずっと雨。
だいぶ使い込んだ合羽はじわじわと浸水。やや寒い。ひよはだいぶ寒かった模様。強力な合羽買うか。バイク用とか強そう。
でも風がなかったのはよかった。
今回も、風はないが、雨による視界次第で半夜なしもありうるということだったので、前回の反省を踏まえ、3人ともはじめからクライマックスでいく。

まずはテキサスリグから。いつもどおり極小カサゴでスタートしてちょっとずつ型をあげていく。
餌はどうも不調らしく、ひよも途中からルアーへ。その後、雨でもともと暗かったので早めにダートに切り替え。日が暮れてフツーのジグへ。
雨降ってるとルアーは飛びにくいようだ。途中、ひよにメバルロッドを貸して、激安バスロッドでやってみたが、やはりアタリは取れない。
あと、ひよへ、PEでメバリングは無理だがや。
たまにでかいのがいきなりガツっとかかってくるので、初めからドラグは忘れず緩めておくべきだったらしい。
日没後はわりと表層で喰ってきたりして、どこで水面まであがってるか見えず、巻きに失敗して4回くらいばらした。多分、きっと、間違いなく全部尺サイズ。
とはいえ、今回は、テキサスリグ~ダート~ノーマルジグとそれぞれまんべんなく釣れた。これはうれしい。

最終的には、半夜決行。よかった。3人でカサゴ19尾、メバル6尾。
なんか、全体に餌が不調。胴付きもフグしか釣れなかった。ウミタナゴ来なかったのが悲しい。ルアーのが釣れることもあるのか。
トラギア先端また折れた。がっくし。

寒かったので帰りはカップラーメン食べて帰る。22時半くらいに家についた。

刺身、マース煮、カサゴのえびっぷり風、フライ
カサゴ歯ごたえあるのでエビの代用できないかと思ったが、火を通したら柔らかくなった。そういえばそうだ。うまいけどちょっと違うか。今度は、生春巻きにしてみようと思った。
180624_200124.jpg