真夜中蟹倶楽部2020

緊急事態宣言明けてから最初の釣行。数番ギリギリだがシーズンだし対人接触度も低いということで。
朝は別件、VOXYのルーフテントを譲るために朝8時大泉まで出向く。8時半には戻れて、準備。
一応、夜の弁当も作る。久しぶりの定番ホットドッグ。
他の準備は久しぶりなのと早起きして疲れ気味なのとでややだらけるがなんとか完了。
15時ちょい前に出て、16時半くらいに到着。
18:45くらいまで金田で釣ったり蟹獲ったり。とりあえず釣りのリハビリで残り物の塩イソメでその辺で釣り歩く。エサ取られたが釣れず。
エイ溜まりができていてびびった。ほぼ網に入らないサイズばかり。一尾いけそうかというやつが浮いてきてチャンレンジしてみたがひらりとかわされた。網は無理な気がしてきた。諦めて釣るか。
才蔵が、ギリギリサイズを数杯確保して、スロープスポットに移動。19時前着。まず下見、まだ明るすぎ&浅すぎ。ちょっと来るのが早かったか。
晩飯を食べてちょい休憩して19時半近くに入水。ウェーダー無し。

だいぶ渋い。

往で才が一杯、復で自分が一杯。良型まではいかず。以上。
おみやげなし。
風が予報では8メートルとか言っていたので水面が見えないことを予想していたがそれほどではなかった。
ただ、底荒れしてるのか濁りが強く、砂地エリアでは視認がかなり困難だった。
むしろこんな日は金田メインにすべきなのかもしれない。
21時くらいに金田に戻って、才は一回り。自分は先端に行ってストローエビを試す。が、なんだか潮が止まってて釣れる気がしない。スピードサルカンに着けていたのだが、一定回数飛ばすと外れてしまうようなのと、いったん外れるとこの暗がりで老眼の鯖には糸通しがつらいこと判明。やり方と場所を変える必要あり。
なお、わりとそれらしく動いたのできっと場所を変えれば釣れる「はず」。
で、ここで才蔵がさらに2杯追加して本日は終了。22時くらいに出て、アイス買って23:15くらいに家着。
現地は、行きによく寄っていたローソンが廃業してしまってた。
シーズン終わりなので心の準備ができていたのでそれほどがっかり感はないが、まあもうちょっと獲りたかったかなぁ。

200628_184338.jpg
今晩は蟹パスタ。もう1回分くらい冷凍。


なお、本来は6月のノルマにはテナガエビとアナゴがあるのだが、断念。
テナガエビはちょっと密が濃そうなのと、あまり言いたくないがモラルの平均値が低いので変なトラブりありそうな予感。
アナゴは毎年行っているところが今年は出船していない模様。理由は不明だが、他の釣り物はやってるので何か理由があるのかも。
8月までは、キスマゴチのボートと野島の半夜だけは行きたい。これ行けたらあとは割とおとなしくしておこうと思う。