2018/10/13 LTアジ

ボートカワハギ。先週、台風通過のうねりで延期。今週、強風で延期。来週行けるのか。なんか去年のデジャブ。
で、どっか行きたいよねということになる。この風なので当然野島もアウト。あとできいたら、午前中で中止になったらしい。そうなると、船アジ。いつもの新山下の船宿に前日ネット予約。
10時に出発。コンビニだけ寄って11時15分には到着。ちょっと早すぎたか。が、駐車場も空いてた。客もうち入れて三組。やはり風で諦めた人が多いのかもしれない。ていうかこんな日に釣りするのはアホなのか。
で、いつものお兄ちゃん船長で出船。今回は、ベイブリッジ下あたり。かなりの近場だが、ちゃんと釣れた&しっかり風裏。ほとんど風無し。さっすが兄ちゃん。
出だしはサバ。2か所目から味も釣れ出して一時は入れ食いに近い状態。サバの攻撃も多かったが、これもキープしたので問題なし。空いてなかったらちょっとサバの走りに困ったかも。空いててラッキー。
今回、左舷後ろを3人で陣取ったが、一番後ろの自分が一番釣れたきがする。才蔵ごめん。そういうものなのか。
トータルアジ53尾、サバ10尾。サイズもまあまあ、大きいのは29センチ。サバは適宜血抜きしてワタ抜いて別の袋に入れて保管。
釣果写真撮るの面倒でさぼった。まあ、別に証拠写真でもなし、自慢するでもないしいいか。
イシモチ釣りたかったけどこれはなし。代わりにアジ釣りでは初めて膨らんでキシキシいって糸切る君がかかった。うれしくない。
家に帰って18時くらい。船宿の釣果情報見ると、イマイチという記述だった。あいかわらず正直。どうも風無かったらもっと凄いことになったってことらしい。

<備忘録>
・かごの大きさに制限がかかったらしい。昔から制限があるのかは謎。今後は小さいのを仕入れるようにする。
・アジ血抜きした方がいいのかなぁ。さばいたときに確かにきれいなんだが。今回はしなかった。
・氷2個だと足りない。3個要る。

<料理>
初日夜:
サバ塩焼き&カレー味のから揚げ
アジから揚げ&中華だれ、刺身
翌日:

サバ&アジ出汁ラーメンサバ塩焼き載せ
181014_130016.jpg

アジフライ、アジ刺身、アジ刺身サラダ
181015_222321.jpg

そのまた翌日夜:
アジ刺身、ネギと大葉でアジのタタキ風、刺身サラダ残り
タタキ風は、卵醤油混ぜて宇和島風したり、普通に生姜醤油入れたり、お茶づけしたり。旨し。
前日のラーメン汁を残しておいてひよにキノコとか野菜入れてスープにしてもらったんだが、これどっかて喰った味だ。あれだ!カップヌードルのシーフード。しかし、家族でシーフード喰うのは鯖だけで、誰も共感してくれなかった。非常に悲しい。しかも、これ再現できてもべつにうれしくない。不毛だ。

あと、〆サバ4枚、アジフライが20枚くらい冷凍。〆サバは、塩いっぱいして1時間。塩落として酢に漬けて1時間。酢をぬぐって冷凍48時間。明日あたり味見か。かなり適当に作ったので大丈夫かちょっとだけ心配。
刺身サラダがまだ残っているので明日の朝、アジサンドにして食べる予定。

燻煙器を新調

ベーコンづくりに親子二代で約15年愛用してきたスモーカーが限界に達してきた。2kgのベーコンをいっぺんに仕込みたくて東急ハンズでたしか1.5万円くらいで購入したもの。40*40*90というなかなかの大型サイズだった。これで1.5万はやすかったとおもう。ちなみにこの子はスモーカーとしては二代目。
なるべく見ないように見ないように使ってきたのだが、改めてみると、なんだかジブリ映画に出てきそうないい感じに廃墟感。
181007_123700.jpg
ということで、買い替えよう。
と思ったのだが、これが今やどこにも売っていない。そもそもこのサイズのものがない。じゃ、自作しかない。材料は、鉄か。縦に重ねたとしても一斗缶、ペール缶はちょっと小さい。ドラム缶はさすがに置き場がない。そもそも金属加工できそうにない。で、木で作ればいいのだったと思い当たる。段ボールでもできるくらいだ。そう思ってググったらいっぱい出てきた。そのなかで、ここがほぼドンピシャだった。
ここの設計では、1枚のコンパネから切り出すこともあり横幅30センチ。これを大きくして40センチにして作成。足りない分は家にあまっているコンパネ切れ端を使う。で、早速ホームセンターへ。
板は1.1センチが欲しかったが、1.5センチ厚しかなかった。まあいいかと3尺×6尺×15mmを購入。カットコーナーで横3面と上下の分をカットしてもらう。他、ボルトナットとか、蝶番とかネジとか取っ手とか、パッチン錠とかも買ってだいたい4.5千円。1.1センチのコンパネだともう1000円くらいは安く済むらしいが、これでも相当安いな。
で、家のこんなことあろうかととっておいたコンパネの切れ端をドア面としてカット。
独自カスタマイズは、ベーコンをぶら下げる鉄棒をひっかけるところを作ったとか、天井部分にも蝶番を付けて開けられるようにしてベーコン出し入れしやすくしたこと、屋外に置くので水浸しになるのは嫌なので足つけた。
まあ、それくらい。初日昼に材料買ってきて、次の日の午前中に完成。その間に、ピザとかカレー作ってるのでそれほど時間かけずにできたと思う。電動ドライバー、電ノコ万歳である。家に残ってた1.1センチのコンパネがやたら硬くて苦労した。
で、完成したが、素人アンド雑な作業がたたって、蝶番部分にかなりの隙間ができてしまった。なんか、耐熱隙間材みたいのを貼るのがいいらしいが、どこかで買った強力防水ガムテがあったのでとりあえずこれで養生してみた。
以上。これが完成品。
181007_121321.jpg

181007_121332.jpg

181007_122259.jpg

で、早速、長男にベーコン燻煙してもらったのだが、なんだか加熱しすぎたっぽい。温燻50%、熱燻50%という感じ。
ずいぶん昔から二代目スモーカーは隙間ががっぽり入っていたらしく、今回のリニューアルで密閉度が高まり、熱効率があがって高温化してしまったらしい。いかん。次回から弱火だ。もしくはついにサーモスタット導入か。

で、せっかく作ったんだからスモーカー3号に名前でもつけるか。
結婚祝いに当時の職場の上司たちが買ってくれた初代スモーカーの商品名は「くんちゃん」だった。買いに行ってくれた上司は、商品名を店員に告げるのに結構躊躇したと聞く(その節は、ありがとうございます)。
「くんちゃん」はアレだが、今風に「くんたん」なんてどうだ?萌え好きの次男も大喜びだろう。よし。決定。
ああ、そういえば2代目は名前つけてなかったな。ジブリの廃墟感にちなんで、戒名「ラムダ」と付けよう。そしてさようなら。いままでありがとう。
ちなみに、処分価格がわからん。杉並の粗大ごみのコーナーにもスモーカーの廃棄値段は書いてなかった。電話して聞くしかないか。

余談:
新型スモーカーで最初に作ったベーコン。ちょっと加熱しすぎたが、焼いてしまえばまあそれほど味も変わるまいと、味見をしてみた。
で、びっくり。

塩味が一ミリもしない。

いろいろ調査の結果、長男。やってくれた。
ベーコン塩漬けの際、
砂糖大匙1、塩大匙5擦り込むところ、どうやら、砂糖大匙1、砂糖大匙5、合計砂糖大匙6擦り込んだらしい。
そういえば、「今回、塩のなじみがめちゃいい」と言っていたのをあとで思い出した。そりゃいいわ、即溶けるわ。気づけよ。

仕方がないので、ベーコン一枚一枚に追い塩をして1日寝かす。水が出るかと思ったが、殆ど出ず。砂糖でも脱水効果はあるらしい。
味見したら、ちょっとスモーキーなチャーシューって感じもしなくもないが一応ベーコンだったのでこのまま消費することにした。
が、早く証拠隠滅したいものだ。
証拠品。
181009_235421.jpg


CameraZOOM-20180922142722275.jpg
アジでもと思っていつものLTアジの船宿見に行ったらタチウオが5000円/人。釣果を見るとだいたい数尾は釣れている模様なので3人でチャレンジ。
60号使える竿プラス両軸と聞いたが、念のため初回は船宿任せということで。
ウェーダーが保管が悪く1足水浸しだったので、自分は長靴&合羽で。他、ハサミとかペンチとかメゴチバサミ。金属製メゴチバサミが見当たらずプラ製を持って行ったがこれでも問題なかった。
が、着いて気が付く痛恨のミス。

アネロン忘れた。

かろうじて1個だけあったのでそれは、長男に託して、親はコンビニで買った効くのか効かないのかよくわからないタブレット300円で挑む。
結果。ひよは少しうっとなった模様。鯖は全く酔わず。いつの間にか海の男に育っていたかオレ。まあ、今回結構凪いでたからと思うが。次回は忘れずに。
なぜか結構空いてて、乗船率60%という感じ。おかげでずいぶんゆったり釣れた。
船長とタチウオマスターの人が乗っていて、マスターにきくととても丁寧に教えてくれたのでよかった。
ひよは、マスターにエサを付けてもらい指導の下落としたところ一投目で釣りあげた。
いきなり釣れるとあとがつづかないという嫌なジンクスは今回はなく長男も自分も続けて釣れた。前半鯖はちょっと遅れ気味だったがあとで追いついた。
釣り場まで1時間くらい。結構遠い。なので10時半に納竿。

覚書。

<エサの付け方>
活性悪いときは鯖がいいらしい。コノシロは無料で付いてくる。なので、念のため鯖連発したが、どうも終わってみたら今回はあまり差がなかったそう。まいいか。
タチウオはエサの付け方で大半が決まるそうだ。
1.短冊の上を水平に切りそろえる。下は斜切ってあるので反対方向からV字になるように切る。
2.水平のところ数ミリ(なるべくギリがいいらしい)の皮から刺す。
3.針の水平部分まで通しきったら針の幅ぴったりのところでぶすっと刺す。で上までしっかり押し込む。
4.そこでもう1回転して、今度は針の幅より少し遠めのところに刺す。
5.でまっすぐにする。
ひっぱって下がってこなければOK。

<釣り方>
1.下まで落とす。サミングしてゆっくり目に落とすと流されにくい模様。
2.45度下からぴょんと水平にしゃくる。
3.リール半巻きしながら45度下げる。
4.2,3を10~20メーター繰り返す。
5.当たったら竿は下げずに半回転巻き、止めをゆっくり繰り返す。
7.明らかに重くなったら巻く。
8.ちょっとでもあたりがあったら上まで巻いてエサを確認。

噂には聞いていたが、確かにタチウオ楽しい。
大きいやつで引きがあるときはかなり重い。が、10メートルくらい無反応な時もあって不安になるがかかってるときはかかってる。ただし、3回くらいバラしもあった。
底の方で釣れることも多いが、最後の場所は明らかに下から10メートルのところで釣れていた。棚は探るべし。
多分最深で80メーターくらい。

必須
・竿(60号使えるビシアジ竿で良い模様)
・リール(2号巻き100メートル)
・でか天秤(購入済み)
・オモリ60号(購入済み)
・料理ばさみ
・ハサミ(エサ切用)
・針は300円。宿で買えばよい。
・付けエサは鯖とコノシロ。作っていってもいいかも。

締め方
メゴチバサミでつかんだままエラをハサミで切ると血が出てくるので、四角い給食のパン入れる奴みたいなケースに水はってそこで5分か10分血抜き。
生食用は、頭を落として腹をかっさばいてワタを抜く。肋骨部分の根本もしっかり指でしごいて抜く。ビニール袋に入れて冷蔵。
今回他のは、そのまま水なしの氷クーラーにつっこんだが、海水は入れた方がいいような気もした。次回は帰りに抜くってやつにする。
エラ切った後はそんなに暴れないし割と簡単だったので次回は全部血抜きはするつもり。

注意
マスターにもしつこく言われたが、タチウオの歯はマジで刃物。ぐさっとささるというよりはスパッと切れる。釣ったときは大丈夫だったのだが帰りに油断してクーラーの中のやつの頭をうっかりかすっただけで15分くらい血が止まらんかった。

■料理
結局、3人で18尾。長男と二人で3枚おろしで2.5時間くらいか。
二日目にゲストを呼んだので初日は味見。例の増量丼に。かば焼き+天ぷら+野菜天の丼と刺身半身分。あと白子。
二日目は夕食で、1/4身を一人6枚(1.5尾)調理、あとは刺身系2.5尾分で他にあまりおかずなしで全員が腹いっぱいになった。

<作ったもの>
・白子ポン酢 うまい。
・干物 ちょい塩足りなかった。鉄がうつるので網に載せるときは網をしっかり焼くべきだった。
・塩焼 ワサビが合う!
・刺身の炙り これが一番好評だった。脂ののっている頭側の身が良いと思われる。脂のじわーとしたのがたまらん。
・ささ漬け ウミタナゴとほぼ同じ。身の柔い白身はたいがいOKらしい。たぶんこれをあぶっても旨いはず。
・刺身 なんか全部あぶってしまってもよかったかも。
・天ぷら 好評価2番手。想像のとおりうまい。
・かば焼き アナゴかウナギのタレを流用すべし。タレは少し酒で薄めておく。網で焼いてから、フライパンに移してタレを絡めて煮詰めるが正解だった。
・巻き焼 尻尾部分の小さめのやつ。小麦粉まぶしたが要らんかった模様。梅シソとトマトバジル(大人はブルーチーズ)。子供には後者が人気。巻いて楊枝挿してちびパンで蓋をして両面2、3分中火。
・バター焼き 本家ウミタナゴ版があるので、これはやらんくてもよかったかもしれん。が、うまかった。
・フライ 普通にうまい。
・3日目は頭と尻尾で出汁を取ってラーメン。
・骨は一晩干してから80度で3時間焼いて出汁取り用。
・網に乗らなかった分は骨せんべいに。
・真子 塩振って漬け込中。適宜水を捨てているが、たらこもどきになるのかカラスミもどきになるのか不明。

干物とフライは残り冷凍。5,6尾分はありそう。来年は、5本くらいは刺身用にしたい。
CameraZOOM-20180922194315574.jpg

写真いろいろ撮りそびれた。

宅内引っ越しその2

その1の続き。
真ん中の部屋を次男に明け渡したが、ここは廊下も兼ねているので仕切りが必要。
始めは、アコーデオンカーテンかなんか買って付けとけばいいかと思ったが、風で揺れまくりそう。その割に高い。
仕方がないので作ることにしたが、自分の部屋でもないのでめんどくさいとだらだらしてたら1か月たってしまった。が、何とか作った。
♂の部屋だし手抜きしまくりで作ったのであちこちサイズが微妙。倒れてもいいように3×4の角材と両面薄いベニヤで軽量設計。お金も軽量設計。7000円くらい。
しかし、これくらい作れるように育てるべきであった。まあ、仕方ない。
180909_232550.jpg
反対側はさらに手抜き。
180909_232606.jpg
扉はまた今度。
あと、ここに仕切りを作ると、隣のオトナ部屋の入り口のスライドドアが半分死ぬので、ドアの前後を入れ替えて、さらに引っかかりにくいように上の凸をのこぎりとノミで削った。
カンナとか欲しいなと思ったが、なんだか2000円以上するのでやめた。電動グラインダーが2000円くらいで、ちょっと惹かれたがやめておいた。

180818_184429.jpg

久しぶりに、ひよの実家へ。目的はほぼ釣り。とりあえず自分のための覚書だけ。

■近くの漁港
初日の夕方に軽いジャブで訪問。クルマで5分。まあ、近い。
右先端で釣っている人たちあり。横のヘチで釣る。塩イソメで結構喰った。
主にガヤ。小クロソイ、小カジカ。1尾だけ20センチ越えのクジメが釣れたので持ち帰る。
左側は、なんかガヤがいっぱいいた。

■春立漁港
クルマで約15分。右に曲がって奥に駐車。震災前は、かなり底に根が蔓延していてどこに垂らしても釣れたが、次に行ったときは整備されてヘチ以外は釣れなかった。テトラもきれいすぎてまだ魚が居ついてない感じ。今年は、ほぼテトラの落とし込みが中心。
なんか今年は良型のドンコが釣れる。夕間詰にはクロソイも喰ってきた。自分が25センチくらいの釣っていい気になった直後に、才が29センチ釣ってた。ほんとはルアーで釣るつもりだったがふつーのブラクリもどきで釣れた。
翌日、何か跳ねてるところにルアー投げたら、期待通りウグイがかかる。ほかの魚は喰わない。

クロソイとドンコは刺身。ドンコは肝を叩いて肝醤油。あまり肝は多くなかったが味は大層よかった。さすがドンコ。
ドンコのアラで味噌汁。肝入ってなくても良い出汁でてる。
小型のカジカ、ガヤ、クジメは天ぷらにした。小型のカジカは捌くともうアナハゼと全く区別つかない。

■三石漁港
奥の角で釣るが結構難航。
春立と近くの漁港の間の漁港もいっぺんいってみていいかも。

■持ち込み荷物
電池、髭剃り、モバイルバッテリーOK。
モバイルバッテリーは逆に預けられない。
包丁、釣り具を送ってしまえば荷物は持ち込みでOKなので釣り具はなるべく送るべし。
ワサビは持っていくといいかも。

■交通
今回、千歳から行きはレンタカー。帰りは一人だったので、バス。
しかし、直行バスは1日1本 7:16。

■向こうに置いてあるもの
 バスロッド5本
 コンパクトロッド1本
 スピニングリール3つ PE巻き済み
 網(2メートルくらい)
 簡易クーラーボックス
 スカリ
 スピードサルカン、大きめのサルカン
 メゴチバサミ
 水汲みバケツは腐敗寸前。
 餌ケース
 ブラクリ的仕掛けはほぼ使い切った。

■近くの釣具屋
 イソメも売ってるし、安い。塩イソメなんかもある。
 ブラクリやジグ系はあまり売っていない。
 17時まで。
 中通しオモリでブラクリ自作は使える。
 ただ、直結びの針がないので持っていきたい。