今年最後の野島沖堤防。良いしめくくり。
191117_093946.jpg
11:30に家を出て、ワークマンで長靴買ってキャスティングでイソメ60g買って、タックルベリーで何か買って、コンビニでカレーとコロッケ買って喰ってそのまま直行で14時過ぎに着。
クルマは停められず遠くの駐車場へ。人が多い日は釣れる印。期待。
15:45くらいに船が出て16時くらいから釣り始め。
上げ潮で満潮時はかなりぎりぎりまで来たが風も穏やかで終わりまで楽に釣れた。
釣り始めてすぐに暗くなり17時くらいにはだいぶ夜。
鯖短冊で2尾くらいカサゴを釣って、足元に魚影を見つけたのでひよとタナゴ狙い。ふたりで3尾。
その後、ジグにエサ付けたりソフトルアーつけたりして釣る。
と、アジがかかる。
結構引く。しかもメバルと違ってびびびってなるのが面白い。
どうもイソメを少し残してソフトルアーつける通称(鯖家)ハイブリッドが良い模様。
上層でかかる。
仕掛けを落とす時間を0秒から10秒で切り替えながらいろいろ探ったらいろんなところで当たって楽しかった。
その後、メバルはやや下でかかったりアジも時間帯によっては底の方でかかることもあった。
なるほどこうやって探るのか。と今更学習。
ちなみに両側で釣れた。
早めに撤収して8時に終了。

カサゴ3尾
メバル5尾(最大23センチ)
アジ10尾(最大25センチ)
ウミタナゴ8尾
ギンポ1尾


191102_151327.jpg
どうも去年安かったタチウオ船が臨時爆安だったらしく今年は平常価格のようだったので他を検討していたところ、
そういえば戸田の係留船夜タチウオ釣れてたなと。

電話で予約がてら聞いてみる。

「タチウオ釣れますか?」
姉さん「釣れる!」

言い切った。迷わず予約。
ちなみに、次男は当日泊まり込みで某所受験。我々は伊豆から富士山合格をにお祈りするぞ。

朝、まず次男を受験に送り出してその後残り3名4:45くらい出発。
現地の釣具屋さんは引退されたとの事だったので、沼津の釣具屋に7時半くらいに着いて買い物。
釣具屋にちょうど目的地までの間のポイントマップがおいてあって、穴釣りポイントを検証しながらだらだら行ったら、戸田に着いたのは9時すぎ。
その後だらだら釣る。用意した鯖短冊で早速小型のオウモンハタ釣れてうれしくなる。
11時半にマルサンで定食。予定通り大満足。
が、なぜか今回横の川でモクズガニに全く会えず。そこそこのガザミを2ハイ見つけてひっこくりで1パイゲットしたが1パイだけでは仕方ないのでリリース。
ちなみに、ひっこくりの弱点発見。

ソフトシェルクラブには歯が立たない。

斬鉄剣のコンニャクくらいのレベル。そりゃまあそうだな。
で、晩飯買い出し。
なお、漁港センターにあったデイリーヤマザキも閉店してた。ちょっと歩いたところに手作り弁当とか置いてる商店があったのでそこで夕飯と朝飯購入。
4時半くらいまでまただらだら釣り。その後出船場所に車ごと移動。5時半くらいから乗り込み始める。
今回は、船3つくらい出てたぽい。
いつもは係留してある船まで小型艇でつれて行ってもらうのだが、今回は係留用の船が接岸しててそこに乗り込んで係留地まで移動。
この船には鯖家以外に3組。

船長から説明。水深は35メートル。今日は25メートルから上。活性が上がると上にあがてくるとのこと。
鯖とひよはまずは、手堅くアジ狙い。長男はいきなりタチウオ勝負。で、長男一投目で釣り上げる。
慌ててふたりもタチウオへ。そこからたまにカマスが入りながらコンスタントに釣れ続く。鯖はカマス釣れんかったが。
確かに、上で喰ってた。5~15メートルくらい。
8時30分過ぎたあたりでアジとかに浮気を始める。
が、ソフトルアーには反応なし。適当にライト付けて投げたらちょっとアタリがあったが瞬殺された。ここはもっと突き詰めたらよかったかも。
で、20メートルくらいに落として置き竿したらアジ喰ってきた。で、置き竿するたび釣れた。小ぶり。
途中でひよと交代してまたタチウオに戻って2尾くらい釣って、最後、いきなり上に走られたと思ったサバだった。
長男もサバ釣ってこれで終了。
191103_153105.jpg

タチウオ 19尾(指2本から3本)
アジ11尾(15センチくらい)
カマス4尾(25センチ~30センチ)
サバ2尾(30センチくらい)
オオモンハタ(昼間釣ったやつ)

10時前にちょい早上がり。聞くところによると、1か所釣れてない船があって、そこ以外引き上げてタチウオをそこに集めたらしい。
で、晩飯のカップラーメンを食べてそのままそこで車上泊。6時半くらいに起きて朝飯&撤収。8時半くらいに出て10時に駿河の湯。11時半に餃子の王将行ってまっすぐ帰った。
餃子の王将。11時半開店で既に行列。すごい。
あと、戸田からの途中でミカン一袋300円のを買ったがえらいうまかった。2つ買っても良かった。

タチウオは時期的にはちょっと遅めだったらしい。型は小さくなってきたと言ってた。だが、乗合とかと違ってのんびりやってこれだけ釣れるのは非常に楽しい&楽。もう、うちタチウオはこれがいいやという結論。
タチウオは釣ったらすぐ締めて内臓トルので余裕があるのはありがたい。アジとかに浮気できるのも楽しい。非常に満足度の高い釣りだった。来年は10月上旬とかに行きたい。

仕掛け:
タチウオ仕掛けはとりあえず前回のものがそのままロストなしで使えた。オモリは40号でOKだった。
アジはちょっと軽めに30号にしてみた。
ビシアジとLTアジのロッドで釣ったが問題なし。
アジ用に小型コマセカゴ付けたがちょい小さすぎた。大きいやつのがよかった。
あと、カマス用の仕掛けも用意すべきだった。

服装:
コールテンのシャツ、Tシャツ、ズボン、長靴、薄手の雨合羽。タチウオさばくのでちょい腕まくりするのがちょい寒だったが問題はナシ。
合羽は厚手のが良かった気はする。ただ、今年はなんか異常気象なので来年の参考になるかは謎。

料理:
タチウオは確かにちょっと小さかった。刺身炙りと天ぷらと塩焼。白子とかはなかった。天丼うまー。
アジはフライと刺身。マルサン行けなかった次男は存分にお茶漬け。
カマス。塩焼うまい!!これ次回本気出さないと。
鯖はしめ鯖にして冷凍。

塩鯖短冊(釣り餌)

料理ではない。が、一応、一部料理あり。
戸田でタチウオを狙うにあたり自作してみる。買うとけっこうするので。
塩サバ。西友で1パック半身3枚入り297円。

1.胸ヒレ、腹骨を削ぐ。背びれもあったら切る
2.厚すぎると水中で動かずアピール不足になるらしいので、厚さ1センチ以内になるように肉を削ぐ。8mmくらいでもいい気がする。
  →ただ、ここで崩れやすいので、半冷凍してやった方がいいかもしれんと思った。次はそうする。
3.皮を下にして、1センチ幅の短冊に切っていく。
  尾の側は短いので、適当なところで向きを横にして切る。
4.塩をまぶす。グルタミン酸もいっしょにまぶすといいかも。
5.バットに入れてラップして1日冷蔵。
6.ドリップを捨てて完成。ビニール袋とかに入れて冷凍保存。特に塩は洗い流さない。

今回の釣りでは、3パック12枚分作って行ったが、多分半身4枚分で足りた。
そして、タチウオ釣りでは申し分ない釣果を発揮した。
おかっぱりで穴釣りにも使ってみたが、エサ取りがかかりづらいのが良い。普段、ゴンズイとかキンギョとかフグとかかかるところで、初めてオオモンハタが釣れてうれしくなった。
で、そのあと野島堤防でも使ってみたが、普通にカサゴ釣れた。ひよがギンポも釣ってた。
最高。塩イソメより作るの楽だし、釣れるし、なんといってもコスパ最高。

ちなみに、2の工程で、削いだ身は、少量のごま油引いて中火で炒って最後にちょい塩とラー油まぜてサバフレークにしたら旨かった。
おにぎりの具にベストマッチ。ここだけ微妙に料理。