屍を越えてゆけ

久しぶりのカテゴリ更新。たまには。

玄は中三あたりから厨二的二次元ヲタクがとどまるところを知らず、自室のベッドの壁面とか、二次元ポスター類でいっぱいで大変なことになっている。ヲタクという言葉が生まれる数年前、日本でロリコンという言葉が席巻した時代に中高の青春期を謳歌し、アニメー○ュ、○・アニメには目もくれず○UT、ア○メックを読みふけり(ただし○ァンロードは読んでなかった)二次元マニア路線をひた走っていた自分だが、彼が語り始めると何を言っているのかさっぱりわからなくなってきた。彼の録画しているライブラリもなかなか正視がきつい。
今のところ彼はこれを職にするつもりのようだがまあどうなることか。まずは静観。

才は、まあそっち方面もそこそこ見ているが、バランス良く健全に三次元にも目を向けてモモクロ、乃木坂と渡り歩いているようだ。これは私の専門外なのでどうでもいい。なんか年齢的にあれになってくると自動的に世代交代していくシステム上で若さに価値観を見出しているようなのがちょっと危なげだが、それはそのうちどこかで痛い目に会うだろうからほっておく。そっちでなくて、こいつは、本格的に理系の受験勉強を始め、数学、物理、化学で文系の私のきいたことのない公式のはなしなどを得意げに泡飛ばすようになってきた。文系ながらどっちかというとそっちよりだった自分としてはちょっと悔しい。
ひよにはちょっと話通じてるのも、ちぇって感じ。

ふたりとも、親とは全く違う道でもなく微妙に近いルートをちゃんと屍を踏み越えてくれているらしい。これは親孝行と言っていいのだろう。昨日は、やつらの曽祖母の三回忌。おみやげのまんじゅうを大量に懐に入れたりしつつも焼香はすぱっと他の人の動きをトレースして、祖父母もケアしてやるべきところはそつなくこなしていた。多少手抜きだがよく育ってくれているなということで。

2017/08/12 野島堤防

170813_115808.jpg
3連休の中日。前日は悪天候で半夜なし。当日も恐らくは潮の高さにより初めから半夜なし。なので、昼から参加。
天候はやや晴れで涼しくいい感じ。だが、釣果はいまいち。日中はテキサスリグで釣るもカサゴサイズ上がらず。
アジが4尾かかる。野島でアジは初めて。やっぱりコマセ持っていけばよかった。
竿2本折れる。そしてなんか自分やたら根がかり多し。そして、釣果も私の方が貧弱。消耗も激しかった。
実は、前の日にスライサーで右小指をざくっとやってしまった。結構血が出てそれなりに痛くて、ひさしぶりにちょっとだが「やばい」と思った切れっぷりだった。傷パワーパッドで保護したがこれでだいぶ集中力落ちた。なにもかもこれが悪いということにしておく。がそれも自業自得なので以後気をつけるべし。
夕間詰めは意外と裏切られる。半夜は当てにして良いが夕間詰めは(わたしらの腕では)ダメなときはダメだとわかった。餌釣りに早々に切り替えて本気出すべきだった。
ふたりがかりで全部で20尾弱。今回の主目的はみそ汁の出汁用のこれ目的だったのだが、まあ1カ月は持つだろう。
170813_142228.jpg

次は9月にアジかどっちかで補充するべし。

次回の私へのメッセージ
・テキサスリグのオモリ6の一つ下のやつを常備したい。6はちょっと重い。
・ペンチ類、油断してたら前回の釣りの後でかなり錆ついてた。要さび落とし。あと後処理忘れずに。
・夕間詰め、半夜参加の時は、終了時間の目安を毎回聞いておくべき。
・強力懐中電灯、探しておくべし。
・網袋のリュック版を購入。ちょっと高かったがこれは便利だ。

週末食生活

ひよと玄は北海道実家へ。受験生の才と留守番。

27(木)
夜:ひよの豚肉トマト煮でパスタ
初日。ひよが定番のトマト煮を作って行ってくれた。が、玄がご飯炊きをさぼりやがったこともあり、丁度いいので、一度やってみたかったパスタにしてみる。パスタを茹でてバジルペーストで和えてトマト煮をぶっかける。めちゃうま。
170727_223416.jpg

28(金)
昼弁当:カレー、ポテサラ、茹で卵
夜:外食
夜は友達と食べる約束したらしいので弁当だけ。昨日のトマト煮にストックカレーを半分混ぜてソーセージとタマネギをいためたのと絡めた。まあ普通にうまかった。

29(土)
昼弁当:おにぎらず(豚肉トマト卵、鶏ハムサラダ)
夜:天丼
おにぎらず。豚肉トマト煮の豚部分だけ取り出して、両面目玉焼きの上に乗っけたやつが大好評。
夜は、先日の釣りの残りのメゴチとキスで天丼。タレはアナゴのタレストック。割と豪華。
170729_214023.jpg

30(日)
昼弁当:おにぎらず(カレー卵、鶏ハムきゅうり)
夜:和風プルドポークと枝豆ピリ辛ニンニク炒め
おにぎらず、分量失敗して破裂寸前。鶏ハムきゅうりはうまかったはず。夜は、魚出汁の冷凍があるのでそれでラーメンか、下心満載で炭火焼鳥でもするかと買い物行ったら豚肩ロースが安かったので和風プルドポークに変更。才の好きな枝豆のピリ辛。和風プルドポークはタレ以外に青唐辛子醤油でも喰ってみたが予想通りうまし。
あまり関係ないが、梅酒ソーダ割り飲もうと思って最後の1本の炭酸水開けたら凍ってた。無理矢理こじあけたがなんかどっぺん。
170730_210519.jpg

31(月)
昼弁当:プルドポーク余り、オクラとピーマンのおかか和え、卵焼き、枝豆ご飯
基本残りおかず。痛恨のミニトマト入れ忘れ。LINEで才から枝豆ご飯絶賛の実況。そこに来たか。これも昨日の枝豆炒めの豆取り出したやつとたれの残りをご飯に混ぜただけだったのだが。


こうやってみると、他人のふんどしで相撲とったり、のこりおかずリサイクルで結構豪華、コストパフォーマンスの高い食生活。タブレット設定と仕事三昧だったのでいい気晴らしだった。

こんにちはQuatab PX

Quatab 01との別れの悲しみをこらえて、後継機探し

こうけいきを変換すると好景気と先に出たが、そんなことのない私の財布事情に優しいものを見つけなければ。
そもそも、物欲野郎たるもの、今使っているものを使い倒しながらも、あっちにあるあれが使いたくてたまらなくなってきて、どーにも思わずぽちってしまうのが本来のあるべき姿。このような外的要因による買い替えは想定外だ。それでも、その昔、富士通のNOTE-PCが落下して液晶破損したときは、「しまった!」と思ったと同時に「しめた!」と思った自分がいた。つまり、買い替えの踏ん切りが付かない時の理由づけはオッケー。特にデジタルモノは進化が激しいのでその時々に欲しいマシンがあったもので、ちょっとまだ早いなと思いながらも次に行きたい気持ちは常にあった。
ところが、最近、デジタルモノ結構枯れたよね。劇的に速くなったりもしないし、最初から結構よくできてるから育てる楽しみも少ない。タブレットも同じ。でもって、残念ながら今の私のタブレットニーズでは、Quatab01以上これといった要望がない。この買い替えはやる気が出ない。でも、同じものを買いなおすのはいやだ。人は常に前に進まなければならないのだ。そこでまずは要求事項を考える。

・8インチ(前は7.2だったがもう戻れない)
・OSはAndroid6以降
・前より早いCPU、同程度のバッテリー性能
・外部SD使える
・余計なものはなるべく少なく
・できれば防水
・できればMineoのAUプランが継続で使える
・1.5万円以内

つまり、現行Quatab01からOS新しくなって、ちょっと早くてなるべく安いやつ。で、探してみるが、タブレットは今は中心が10インチクラスに移行していて思った通り7、8インチクラスは静かなものである。
で挙句

Qua tab PX

どうということはない01のまさに後継機種。正確にはメーカーは違うのでQuatabブランド後継機。
中古で1.2万円くらいだったので速攻ポチる。

が、そこで1点問題。SIMロック解除できるのが3カ月後なり。まあそれもあっての1.2万なんだよな。他の同クラスは3万前後するし。3か月は我慢しよう。その間、SIMは休止はできないらしい。だが、解約すると1年以内の縛りにぶつかって何千円かもってかれてしかも初期費用がまたかかるので、とりあえず3GBの契約を1GBに落としてしのぐ。この1GBは1か月繰り越せて、繰り越し分はもう1台のスマホで使えるのでこれでOK。
あとは64GBのSDも買いなおし。3か月後のSIMロック解除の費用含めてどうやら2万円以内の出費で済んだようだ。土日を使って一通り設定。ちょうど、ひよと玄は北海道で、私は受験生の才と留守番だったので時間は十分あった。

で、こんな感じ。
170730_181212.jpg

ちょっと01よりごつくて重いがまあ許容内。バイブ機能がついたのは役に立つのかは謎。いまのところ動きはサクサク。設定も一通り問題なく完了。1点だけ、通知バー背景がデフォルト白で、黒くしたかったのだがここをいじる権限がPXにはないらしくメニューが出せず断念。それにあわせて背景は明るいものにした。ま、これもありか。

で、やっぱこれが欲しい。

スマホリング

純正のにすべきなのだが、こっちにするか悩み中。

ダヤンのにしたかったが、前より重くなってるのとレビューなどから他のはリングがあとあと緩くなったりするらしいので純正品を注文した。

本体+送料 12,520
MicroSD64GB 2,920
スマホリング 1,944
SIM再発行 2,160(あとで)
SIMロック解除 3,240(あとで)
---------------------------
計 22,784

うーん。結局2万超えたか。