真名瀬漁港

090620_192231.jpg

新規開拓。

真名瀬漁港

メジナ1尾(さいぞう)
ウミタナゴ 2尾(ははうえ)
キュウセン 1尾(鯖)
カサゴ小 1尾(鯖)
ネンブツダイ 2尾(げんぱく)
ヒイラギ 1尾(鯖)
ハゼ 1尾(鯖)

とっても小さい漁港。釣り人も少なくて、なんだかアットホームモード。仲良く世間話などしながらまったり。釣果もまったりぼちぼち。でもこれはこれでいいと思った。
近くに磯もあって、さいぞう、げんぱくはそっちでも遊べるし。

ただし、港は夜は立ち入り禁止で駐車場もオフシーズン8時から。
船釣り客が優先らしく、結構ぎりぎりだった。
コンビニがちょっと遠いが、やけに近くにデニーズが。
昼過ぎから大型の釣り船がもどってきて釣り場が殆どなくなる。どうやら午前中が勝負だ。

目の前にはトウゴロウイワシの大群。一見イワシ。でも別物。近くの人が、これ釣って泳がせ釣りで蛸とかヒラメとかかけてたのを見て、サビキで釣って、真似して投げたらトウゴロウイワシだけ飛んでった。一応持って帰るべきだったか。
フグとかゴンズイとかも釣れる。上げてがっかり。ハリも飲まれてがっくり。
ネンブツダイもいっぱいいた。だが、おかげで玄白も釣果を上げられて、これは感謝である。

15時くらいに引き上げる、遅い昼食をデニーズでとって帰宅したら18時半だった。

料理:
メジナ、ウミタナゴ、キュウセンは煮付け。
090620_204647.jpg

ウミタナゴ、キュウセンはちょっと焼いてから(まったり隣のおっさんがそうするといいと教えてくれた)。
うまい。わしらが味オンチなのか。特にウミタナゴはネットで見ると煮ても焼いてもイマイチという意見が結構あるのだが、うちでは大人気。魚苦手だった才蔵もわしわし喰う。

カサゴ、ネンブツダイ、ヒイラギ、ハゼ。こいつらは、唐揚。塩は控えめで
あと、あちこち落とした頭で出汁とって味噌汁。

昼飯遅かったが、完食。