検査記録

一応記録。
■4/30
なんか、突然古傷が痛み出して熱が出るというのが、1週間ほど続いたので、びびってまえに手術した病院に電話してみる。ちょうど連休のど真ん中に診察の予約が取れたので行ってきた。
とはいえ、電話した翌日には熱も痛みもおさまって、病院に行く時は平常だったのだが、念のため通院はすることにした。
久しぶりの病院は府中病院から都立多摩総合医療センターに名前が変わっていた。建物も立派になって、事務処理があいてぃー化されてすごいことになっていた。
すげえ、東京都金持ちだ。フードコートの呼び出しカード見たいのが導入されて、いろいろ「ぴ」で済むようになっていた。端末はEインクでメッセージも出る。すごいすごい。
ただ、UIはちょっと改善の余地ありな感じ。年寄迷う、たぶん。
最終的な待ち時間はあまり変わらなかったが、なんとなく混雑は減ったような感じ。費用対効果は謎だがこういうIT化は歓迎。
で、診察。
最後の検査は2006年だったとのこと。12年ぶり。当時の担当医ももういなかった。
で、念のためということで、MRIを予約。
とりあえず、造影剤は入れない方針で。腎臓に影響があるらしく、片方しかない私はリスクをとった。もし何か問題があれば追ってやるということで。
きっとMRIも新型に違いない。指輪も抜けるようにしたので大丈夫。

■5/21
MRI訪問。豪雨。バスのセンター駅から神経病院までが遠い。結構濡れて着いてみたら、シャトルバスがあったことを知る。やられた。
で、30分前位についてMRI。首だけなのでズボンはそのまま。ベルト外すだけ。なんか前は、検査着かななんかに着替えた気がするのだが気のせいか。
20分ほどで終了。MRIマシンも超進化してるかと思ったが特に見た目ハイテクレベルは変わってなかった。
で、本院に戻って診察。
結果は異状なし。
腎臓の状態も見て、実はこれなら造影剤使っても問題なかったとのこと。だが、今回ので見る限り特に問題なしだと。
ごく小さい腫瘍的なものがあるが前回からあり、大きさは変わってないのでとりあえず放置で良いとのこと。
ただ、突然動き出すこともあるのでまた10年後に検査ということになった。忘れないようにここに記録。
画面の写真撮らせてもらおうと思ったら、むこうから「おみやげ」と言って出力くれた。うれしい。
なお、会計まで12時で終わった。早い。カードも使えた。ありがたい。

scanphoto10003.jpg

なお、当時手術前の記録はこちら。

ということで次は2028年に検査する。

山椒の実の醤油漬け

一杯で200円。新芽の佃煮がえらく旨かったのでこれも買ってみた。
元枝を千切って、沸騰湯で6分茹でて、水に30分さらして、加熱・アルコール消毒した容器に入れて醤油に漬ける。これで10日くらい置く。
新芽よりちょっとメンドクサイ。本当は、茹でた状態で冷凍保存すると1年色々使えるらしい。一応もうしばらく出回るようなので、うまかったら買い足す。
190518_213330.jpg

らっきょ2019

190518_154613.jpg

去年、作り足りなかったので今年は待ち構えて製造。ここのところ、毎週、土曜は八百屋をウォッチしてチェック。先々週から西友には登場していたので今日あたりとは期待していたが、期待通り南の八百屋で発見。
2kgで税込み1,252円。ほぼ去年の値段だったので買い。去年もここ。

根を切って、株を分ける。
水で洗う。
薄皮をむく。
茎を切断する。
らっきょをビンに入れる。
4Lビンに水を入れてみて水の分量測る。1200cc
砂糖100g、塩大匙6、酢1200cc、鷹の爪12本を鍋に入れて加熱
沸騰前に止めてビンに流し込む。

残った茎は、別のビンに入れて、唐辛子2本足して、醤油入れて醤油漬けにした。

薄皮剥きが意外に難儀でひよに手伝ってもらっても1時間以上かかった。合計で2時間くらいかかった。来年は最初から手伝ってもらおう。
ビンは、2Lで行けるかと思ったがぎりぎり入らず。4Lで。

190518_120850.jpg
今回は、掃除前で2.2kgあった。

190518_194502.jpg
これは醤油漬け。今回はこれも1Lになった。